☆パチスロは好きだけど、『持ってない』S-STyleこと
私の不幸エピソードを書き連ねたいと思います。
どうか皆様、同情して下さるか、鼻で笑ってやって下さい(笑)

◎注意点
1.ブログ内のデータや信頼度は
 試行回数の少なさや私の主観&妄想が
 入っておりますので、まるっきり信用すると
 痛い目を見る可能性があります

2.非常にマイナス思考やひがみが飛び交い
 私の『器の小ささ』が垣間見えるブログだと
 自負しておりますので、不快に思われる方は
 読まない方が宜しいかと思います


☆追記

嫁さんがブログを始めまして、それなら私もと
ここを始めた訳ですが、共々来る日も来る日も
アクセスが自分のホストばかり(泣)

ただ、この前嫁さんの方にやっと1件だけですが
別ホストのアクセスが…!
めちゃめちゃ嬉しかったですよ(涙)

帰ろうとした最後の千円でGODを引いたような!
例えが情緒のかけらもないですが
嬉しかったのは事実です。

と言う訳で凄く励みになりますので
ここに来られた方は下サイトのランキングを
ぜひご覧下さい!
↓他のブログに負けないブログを作るぞぉ〜↓

↑読む気をそそるブログがほんとにいっぱい↑

↑探そう、探そう、探そう、他のブログを探そう♪(エウレカのパクリ^^)

2012年02月08日

パチスロ銀と金を褒める理由2


☆『愉悦の刻』について



よくもまぁこんな人間くさいシステムを考え付き

実際体現したものだ、と感心させられます。



どこが人間くさいのかと言うと、それは

このARTの最大の売りである『供託金モード』です。



上乗せ準備期間とでも申しましょうか

数G間でガキかジジィに勝利すれば、その間に

貯まったG数がそのまま上乗せされる。負ければ何も無し。



そして、そこそこ勝てるがあまり大きい上乗せが

期待できない西条なんて面白くない。



人間臭さが最も出るのが勝ちにくい

ジジイ=蔵前の時の供託金モードなんですよ。



どちらの供託金モードにも勝ちやすい状態と

勝ちにくい状態と勝利確定の3状態があり、



この勝ちにくい状態の時は

G数をポンポン乗せてくるんですよ!

蔵前の時は+300、また+300とか。終盤になると

+800Gの勝負になる事もザラにあります。



そりゃ、心臓はヒートアップするんですが、

これが、このシステムに乗せられている哀れな子羊状態。



機械にすれば、『ひひひ、せいぜいぬか喜びしておけ!

どうせ、当たらないんだから』と言う訳です。

そして勝ちやすい状態だとあまりG数を上乗せしない。



セコいシステムでしょー?

当たらない時は1000近いG数をチラつかせといて

敗北にて奈落の底へ突き落とす。

当たりやすい時はそんなに大きなG数はやめておくって…



なんでこんなに人間くさいんですかね?



しかし、そんな邪悪なシステムに

太刀打ちできる術があります。



それがレア小役です。



このモード中はレア小役で勝利抽選を行っており

強小役ほど勝利期待度が高いわけです。



極めつけがボーナス成立と中段チェリーです。

共に勝利確定役です。



で、1番上乗せるケースがこれ。

勝利低確状態にてG数を乗せるだけ乗せる。

そして、終盤に上記確定役にて勝利し

ほんとは負けるからこそ大量に乗っていたはずの

G数をそのままGETする!



私達を踊らすだけ踊らしといて、

奈落の底に突き落とそうとした邪悪な輩に

正義の鉄槌を下す!という訳です。



この時の機械に対しての『やったった』感は

他のART機では味わえないです。



私はこの機械で『中段チェリー』の気高さを

再確認させられました。

中段チェリーを軽く扱うどこぞの機械に説教したいくらいですよ。



スロXJAPANに…  何?『弱』 中段チェリーって?(怒)

モンキーターンに… えー!?SG準備中に引いたら超抜のみ?(怒)



まぁ、銀金の中段チェリーは1/4096なので

ボーナス成立の方が現実的なのですが、

中段チェリーでの勝利は突き刺した感が圧倒的です。



そして、この銀金のARTはバランスがぶっ壊れていて

1度まとまったG数を手に入れると

なかなかARTが終わりません。



さぁ皆様!邪悪でどろ臭い機械に

見事勝利して万枚をGETしよう!



って、その前にもうこの機械は

どんどん撤去されて、あまりホールで

お目にかからなくなりましたね(笑)

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
↑スロット日記ランキングはこちらから

 

posted by S-STyle at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パチスロ銀と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。