☆パチスロは好きだけど、『持ってない』S-STyleこと
私の不幸エピソードを書き連ねたいと思います。
どうか皆様、同情して下さるか、鼻で笑ってやって下さい(笑)

◎注意点
1.ブログ内のデータや信頼度は
 試行回数の少なさや私の主観&妄想が
 入っておりますので、まるっきり信用すると
 痛い目を見る可能性があります

2.非常にマイナス思考やひがみが飛び交い
 私の『器の小ささ』が垣間見えるブログだと
 自負しておりますので、不快に思われる方は
 読まない方が宜しいかと思います


☆追記

嫁さんがブログを始めまして、それなら私もと
ここを始めた訳ですが、共々来る日も来る日も
アクセスが自分のホストばかり(泣)

ただ、この前嫁さんの方にやっと1件だけですが
別ホストのアクセスが…!
めちゃめちゃ嬉しかったですよ(涙)

帰ろうとした最後の千円でGODを引いたような!
例えが情緒のかけらもないですが
嬉しかったのは事実です。

と言う訳で凄く励みになりますので
ここに来られた方は下サイトのランキングを
ぜひご覧下さい!
↓他のブログに負けないブログを作るぞぉ〜↓

↑読む気をそそるブログがほんとにいっぱい↑

↑探そう、探そう、探そう、他のブログを探そう♪(エウレカのパクリ^^)

2012年03月26日

ク○ットバトル(笑)〜ブラックラグーンその2


タイトルの『ク○ットバトル』の

『○』に入る言葉はそれぞれが

ご自由に当てはめて下さい(笑)



言わずもがなブラックラグーンの

『バレットバトル』の事です。



んで、また赤っ恥な間違いが(笑)



バレット『タイム』

じゃなくて



バレット『バトル』

やったんやね(笑)



過去記事全部『タイム』で

書いてありますよ…(泣)



めんどくさいですけど

訂正しておきますので

無かったことにして下さい(笑)



さて、前回記事ではバレットバトルの

ランク移行について書きましたが

今回はART当選への道のりについて

グチを垂れたいと思います(笑)



これまた解析を見て

絶望ラッシュな数字。

1文字違えばえらい違いだなと

詳細は省きますが、要点は



小役が揃えば積み重なる

小役カウンタが上がれば上がるほど

当選率が上がるって言う事。



ベルなどが揃えば揃うほど

当たりやすいんですが

数字を見ても当たる気がしない。



ハズレ・リプはほぼ関与しないんで

払出のある小役を揃えなければなりません。



またここにも天井があるんですが

ロベルタなんて『天井9』ですよ(怒)



15G中9G払出なんて北斗や番長でも

なかなか無い数字。



さらに、私が腹立つのは

この15Gの少ないバトル中に

『展開』を求められるという事。



どういう事かというと

序盤に出来るだけ小役を揃えて

カウンタを上げておけば

当選率が上がっているので

終盤の小役に期待できるという事です。



例えば序盤にナビ付きベルなどを

一杯揃えておけば、カウンタアップにより

当選率が上がっているので

終盤のレア小役などで

一発当選させるといった感じです。



文章で書くと簡単ですが………



そんなに都合よく来ないから

腹立つんやろが!(怒)



ブラックラグーンの過去記事にも

ある通り、そのベルが全然来ない。

何べんも言いますが、

ふつーーーーうの小役が『目に見えて』来ない

あの腹立たしさったらありません。



たいがい1個しかくれないナビが

さらに10Gくらい引っ張られて

最後の方でなんとか揃う…

んで、そんなんじゃ

お約束の様に何もなし。



こんな展開ばっかですよ。



8000G単位でも偏るのに

たかが雀の涙ほどの少ない15Gごときに

展開で左右するようなシステムを

組むなってーの!(怒)



あの面白くなかった赤ドン雅の

『ドンめくりチャンス』が

良CZに思えてくるほど。



あれはリプレイがカウントに

含まれて単純な積み立て方式なんで

まだ遊ばれてる感はないような気がします。

もちろん、北斗中段チェリー後の

リプレイの嵐がなんで今来ないの(怒)

っていうもどかしさはありますが(笑)



んで、ベルも15枚役なんで来たら

ラッキー程度に最初から思えるって

所も精神的にはまだましです。



なんにしても凝ってるつもりが

勘違いの嵐なんですよ、このCZは。



展開としては同じような感じに見えて

全然違う『銀と金』の供託金モード

くらいの恩恵があればまだ我慢できますよ。



別記事に銀金の供託金モードの

展開について書いてますが

あれは展開を乗り越えりゃ+800G級の

恩恵がありますもんね。



こっちはしっくりこない難関を乗り越えて

やっと手にするARTがあの小学生の絵でしょ(笑)



ほんま頼むからストレートに

システム組んでバランスで

勝負して下さい、お願いします(泣)



と、チャイムが鳴りましたので

ここでブラックラグーンの

バレットバトルの学科授業は

ひとまず休憩です(笑)



次の授業は先生の体験を

交えながらの実技シュミレーションを

行いたいと思います(笑)



上記に書いてある展開に

腹立つ実践はまたの機会に。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
↑スロット日記ランキングはこちらから
posted by S-STyle at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックラグーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260105813

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。