☆パチスロは好きだけど、『持ってない』S-STyleこと
私の不幸エピソードを書き連ねたいと思います。
どうか皆様、同情して下さるか、鼻で笑ってやって下さい(笑)

◎注意点
1.ブログ内のデータや信頼度は
 試行回数の少なさや私の主観&妄想が
 入っておりますので、まるっきり信用すると
 痛い目を見る可能性があります

2.非常にマイナス思考やひがみが飛び交い
 私の『器の小ささ』が垣間見えるブログだと
 自負しておりますので、不快に思われる方は
 読まない方が宜しいかと思います


☆追記

嫁さんがブログを始めまして、それなら私もと
ここを始めた訳ですが、共々来る日も来る日も
アクセスが自分のホストばかり(泣)

ただ、この前嫁さんの方にやっと1件だけですが
別ホストのアクセスが…!
めちゃめちゃ嬉しかったですよ(涙)

帰ろうとした最後の千円でGODを引いたような!
例えが情緒のかけらもないですが
嬉しかったのは事実です。

と言う訳で凄く励みになりますので
ここに来られた方は下サイトのランキングを
ぜひご覧下さい!
↓他のブログに負けないブログを作るぞぉ〜↓

↑読む気をそそるブログがほんとにいっぱい↑

↑探そう、探そう、探そう、他のブログを探そう♪(エウレカのパクリ^^)

2012年03月12日

ホールで見かけた参考になる光景(笑)


最近ネタにできそうな展開がないので

周りのスロッターの動きで

参考になったものをいくつか。

先に言っときますが、実は何の参考にも

ならないと思いますのであしからず(笑)



1.『北斗』の上乗せバトルで…



上乗せバトルで勝利したらPush連打が

皆様の遺伝子には生まれながらに

組み込まれているとは思いますが(笑)

この時の上乗せG数の区切りの部分で

ゆっくり1回ずつPushしている方が。



詳しく言いますと、上乗せは数字が

決まっているので+20や+30に

到達しそうな所でゆっくり押し

越えたのを確かめてまた連打し直すと

いう感じです。



私は『へぇ〜』と感心しながら

チラ見してました。こんな遊び方が

あるんだなと。



ただリアルに考えるとケンシロウの

動きはちょっと変になります。(笑)

百烈拳中に『あ…た…た…た…』と

相手の様子を確かめながら小刻みに

パンチを繰り出していると

思ったら、また『あたたたた!』と

再び百烈拳を始める訳ですから(笑)



しかし、この時なんとその方は

シンで『+200』の上乗せ!

0.1%をこの打法でGETするとは!



激闘乱舞の最大の見せ場の

1つである上乗せバトルを

レバーキャンセルする方も多い中

この方は楽しみ方をわかっていらっしゃると

私は勝手に師匠認定しました。



私は宣言します!

当分この方の打ち方を真似して

上乗せバトルで

『+300』乗せる!*( ̄ー ̄)キリッ



2.『黒ひげ危機一髪』で…



先に台の紹介をしますと30GのARTを

ダブルチャレンジで倍々に

できるというのがこの台の売りです。

もちろん失敗したら『0G』…。




いちかばちか。射幸心を煽ると言う意味では

この台は最強かもしれません。

製作者様もいちかばちかだったんでしょうか?(笑)

ホールでの評価は最低レベル。



そりゃそうだ。

わからん人は全部30で進めるし

ユーザーに選択させるのは

行って番長のボーナスや鉄拳のARTなど

出玉の流れに関係しない演出部分で留めておくべき。

山佐は昔からやってしまう部分がありますからね…。

まぁ鉄拳や天下布武を見るとそこらは

改善されているんでしょうね。




そして、まさに自分の精神力を試される

『修行台』は周りの人の精神も試します。



ART1000Gチャレンジに

挑戦している人が同時に2人!

私はそれを観察していました。



ちなみにこの台は1000Gに近づく程

クリア確率は高いので、到達すれば

チャレンジする方が堅いのですが

それには未曾有の勇気が試される(笑)



1人は1000Gチャレンジ失敗!

500Gもパァ…。



もう1人はチャレンジせずに

500Gでやめ。



もう見ている方がハラハラしますよ。

なんか人生の縮図を見ているようで…

選択を間違えたら最後みたいな。



そして500Gの方は悠々と

ARTをこなしていきます。

この時はこの方が『選択に勝利』

したと思いました。

そのARTが終わった時には

ストックが多分10個以上あったと思います。



そして、再度黒ひげチャレンジスタート!



しかし、ここからが見てられませんでした。

ことごとくチャレンジ失敗…。

しかも、10個以上あったのが全部『0G』!!



この時の500Gの方の顔は

まさに『敗者』の面持ちでした。

人間の邪悪な部分を大いに

さらけ出したえも言われぬ雰囲気。

どっちが果たして正しかったのか?

ちょっと哲学的思考に陥って

しまいました。

まぁ結果的にはメダル1000枚を

得ているのですからそういう意味では

勝利なんでしょうけど。



私は宣言します!

こんな人間の哲学的な部分を

再確認させられる台は

打ちません!*( ̄ー ̄)キリッ



まだあったんですが、

長くなったので次の機会に。

自分も見られていると思うと

こわい…(ぶるぶる)

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
↑スロット日記ランキングはこちらから
posted by S-STyle at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スロットその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

皆様、鬼武者を思い出そう(笑)


ちょっと目線を変えまして

少し古い機種をば…



もうあまり稼働のない『新・鬼武者』ですが

名機なのは言わずもがな。

スロ人口を上げてくれた功績は

計り知れないものがあります。

後続機種がことごとくク○なのは

鬼武者の完成度が高すぎたのかな…?

モンハンは期待するんですけどねー



さて、私はこの鬼武者にも

ちょっとした自慢があります。

それは…



『フリーズ』させるのに

かかった年月が約2年!

*( ̄ー ̄)キリッ



設置からもうすぐ2年を迎える

鬼武者でフリーズしたのが最近の話。



あまりにしないんで

レバーのカス当たりでリールが

回らなかった時とかに錯覚まで

してしまう始末でした。



まぁ2年越しのフリーズも

5連で終了でしたけど(笑)



他の記事で色々な機種の評価を

していますが、そこに書いてある

良い点を鬼武者は網羅してます。



とにかく、全てにおいてバランスがいい!

出玉スピードは現行機種のせいで

かすんで今でこそ緩い感じですが

当時はピカ一の出玉性能でした。



演出もしょぼいのからでも

強小役が期待できるので

毎ゲームがわくわくできるし、

煽りの中途半端さは絶妙でした。

かと言ってカットインやボタン演出など

アツいのは、そのままアツいし。



高設定を体感しやすいのも◎。

かと言って蒼剣ラッシュ突入率に

だまされて深追いしてしまう

裏切り感もこれまた絶妙。



さて、私は鬼武者を打つ時に

しょーもないこだわりがあります。

それは…



1.石田三成の

『まこと聡明であられる』は

ちゃんと最後まで聞く。



石田三成の声優の人、最近やたら

TVで聞こえますね。TVが三成だらけだ(笑)



2.上乗せるなら『第三話』を願う



これは自分ではどうしようもないですが

茜の時はあまり押し順ベルのサウンドが

うるさくないんで、引っ張るなら

茜の時にしてほしいんですよ。

お初もいいんですが、銃で倒すもんだから

ボンボンうるさいし…。

あ、あと私が『茜推し』なのもあります(笑)



3.BIG中予告音で阿倫が第2停止まで

動いた時は必ず第3ボタンをネジネジする。



これはもう鬼武者の凄さの極みだと

思っております。ネジネジの

代名詞であるジャグラーでも

ネジネジなんかしないのに、

この場面においてはネジネジしてしまう。

天下のジャグラーを差し置いて

こんなユーザーを作ってしまうなんて

ロデオには感服です(アホ)



しかし、ボタンを離した後に

阿倫が下まで行って

『シュババババーン』の効果音とともに

蒼剣ロゴが現れた時の愉悦感は

ジャグラーでは絶対味わえない!



もちろん悪い点もあるんですが



1.バトル中とラッシュ後の

レア小役がもったいない。



これは後続機種がそれを埋めに

かかってるんで反省材料としての

サンプルを残した点でも功績。



2.キャラの設定が好みでない。



原作ゲームをやった事ないですから

わからないですし、ゲームですから

なんでもありはしょうがないですが

私にすればキャラ設定がめちゃくちゃ。



私、石田三成のファンなんで補正いれますが

あの義に生きたと言われる三成が

顔色真っ青な上にわけのわからん

虫みたいな怪獣に変身(笑)



天下泰平期の剣豪として

トップレベルの評価を得る宗矩が

カラスを使ったり、あんなセコい描写(笑)



とどめは主人公が軽い(笑)

『俺は最強最悪の〜』とか

近所のガキンチョがぷよぷよの

プラスチックの剣持って

チャンバラしてる時に言いそうな言葉(笑)



3.やる気のないホールは

リール窓が真っ白け



ドーナツビジョンは掃除がしにくいん

でしょうけど、窓が汚れで真っ白けで

リールが見えない時がある。

あのおいしそうでみずみずしい

チェリーがかすんで見えるような

状態にしておいてはだめですよ(怒)



とまぁこんな感じですが

正当後継機と思われるモンハンは

この鬼武者以上のポテンシャルを

期待します。

これまたゲームをやった事がないので

世界観がわからないですが

さて、どうなることやら。



3月下旬に期待して

またの機会に。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
↑スロット日記ランキングはこちらから
posted by S-STyle at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | スロットその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。